we sign it - Soutenez les antiracistes japonais contre la fachosphère française !

Soutenez les antiracistes japonais contre la fachosphère française !

Les antiracistes de CRAC (counter racist collective action) ont découvert la présence de membres de la fachosphère française au Japon. Pourtant ces individus ont été condamnés à de multiples reprises par la justice française.

Les fascistes déversent leur haine sur internet en toute impunité, mobilisons-nous pour qu’ils soient condamnés !

 

 

Les antiracistes de CRAC (counter racist collective action) ont découvert avec colère la présence décomplexée des Boris Le Lay, Bruno Gollnisch, Henri de Lesquen, qui instrumentalisent les préjugés sur la prétendue homogénéité de la nation japonaise.

Leur message s’adresse à nous : Do not export your garbage to Japan SVP.

 

La plupart de ces individus et notamment Boris Le Lay ont pourtant été condamnés à de multiples reprises par la justice française pour incitation à la haine et menaces de mort.

Boris Le Lay est à la tête d’un site ouvertement homophobe, antisémite et raciste qui constitue aujourd’hui l’une des principales sources d’information de la fachosphère.

La justice a décidé la fermeture définitive du site le 27 novembre dernier mais celui-ci est toujours ouvert et continue à être alimenté par une profusion de messages de haine.

Le seul moyen pour obtenir la fermeture de ce site serait de faire comparaître son propriétaire, Boris Le Lay, devant la justice française.  Si l’on sait pourtant qu’il réside actuellement au Japon (via notamment son compte Twitter), il reste pour l’instant introuvable.

Pour le retrouver au plus vite, les autorités japonaises et française doivent absolument accélérer et améliorer leur coopération.

 

Signons pour exiger que Boris Le Lay et les membres de la fachosphère qui se sont installés au Japon soient condamnés devant la justice française !

 

 

Japan Version :

反レイシスト団体CRACはボリス=ル=レイ、ブルーノ=ゴルニッシュ、アンリー=ド=レスカン達の日本でのやりたい放題に気付き、憤り、立ち上がってくれています。彼らは日本の単一民族の神話を利用して、日本の海外でのイメージを捻らせ、人種差別を主張する輩です。CRAC達はナチス、人種主義、ファシズムを唱える連中を許しません。

CRACからのフランスへのメッセージです。 Do not export your garbage to Japan SVP

 

日本人は差別的な人々だと想像している人々がいると思います。その通りです。フランス人、イギリス人、ドイツ人がそうである様に、日本にはレイシズムは存在します。

 

日本には植民地支配の歴史が有り、身分制度の過去があり、強い国家意識を持つ国です。同時に豊かな現代史を経て、壮大な社会運動を繰り広げ、歴史に残る技術革新を展開し、海外に開かれた社会を構成しています。

 

日本社会は日々、在日韓国人を苦しめるレイシスト達に立ち向かい、子供を作らないから同性愛者に生産性がないなどと差別する議院に抗議し、軍国家の過去を貪る思想家に対抗している。原爆投下の経験を忘れまいと平和教育を与え、貧しい人々に社会保障を施し、危機が訪れたら声を上げ、外国人を受け入れる力を持った社会です。日本にはヘイトスピーチ対処法が存在します。CRACと言う団体がこの法律が守られる様、活動を続けています。

 

それに、日本国民は“福島原発での相撲取り”というフランスの風刺画に怒り、シャルリーには必ずしも賛成ではない、現代社会のあり方を考える市民達から成り立っています。それでも、ブランドとファッション、フランス革命と昔の貴族、議論の文化と人道、フランスと言う国を高く評価し続けています。日本の黄色いベストも見られます。この民主主義の底力は、日本もフランスも等しく備わっています。

 

親玉を必死にかばっているフランスのネトウヨと日本の反レイシスト団体が闘ってくれています。フランスのネトウヨ達はCRACの独立性を否定し、偏見で日本人を判断し、まるで日本の国民意識を意志のままに出来るかの様に、CRAC達の殺害を求めている。有害な人物達から安全な暮らしを守ろうとしている人達に、フランス人の私達が注意を払わず、関心を持たずしている間にこの様な状況になっています。

 

高みの見物ではなく、共闘と言う意味で、フランス人による侮辱を私達が終わらせ、私達が生み出した過激な人物達を私達で始末をする意味で、責任を持って彼らを応援しましょう。日本人の反レイシスト団体を想像していなかった人はいる事でしょう。しかし彼らから得る教訓はきっとあります。

 

 

 

 

 

 

Signer

Diffusez auprès de votre entourage